海外でクルマを運転

合宿免許で運転免許証。免許取得すれば、海外でも自由にクルマを運転することができるのでしょうか。海外でクルマを運転するためには、国際免許取得が必要不可欠です。

海外でクルマを運転

海外でクルマを運転するためには、合宿免許での免許取得だけではNGです。合宿免許の運転免許取得は、国内だけ許されている免許取得のことです。

海外で、この運転免許取得でクルマを運転してしまえば、違反と言うことになります。海外と日本は事情が同じ……、呉々もそのような思い方をしないでいただきたいですね。

そこで、必要となる免許取得は、国際免許です。交際免許証を取得することができれば、海外の決められた場所で運転することができます。

国際免許取得とは……

国際免許証は、 日本が加盟しているジュネーブ条約に基づき、都道府県の公安が発行しています。国際免許証を持っていれば、 加盟国での運転はすることができます。

有効期限についても、合宿免許の免許取得とは違います。合宿免許の運転免許証は、無事故無違反か、そうでないかによって有効期限が3年、または5年という設定になっていますが、国際免許の期限は一年です。

国際免許証は、期限が短いということは、あらかじめ理解しておかなければならないことでしょう。そうでないと、まんまと交通違反の罠にはまってしまうことになります。

国際免許証を取得の方法

国際免許証の取得方法は、 それぞれ都道府県警察署の運転免許課や運転免許センターなどで申請をまずしましょう。そして、申請のためには、無論、合宿免許での運転免許取得も必要不可欠です。合宿での運転免許取得なしで国際免許証だけもらうことができるなんて、甘い考えはもたないようにしましょう。プラスα、証明写真、パスポートを用意する必要があります。

<h2>日本と海外の違い……</h2>

そして、海外でクルマを運転するという人たちは、海外の道路事情もあらかじめしっかりチェックしておかなければならないでしょう。ビジネスで海外でやむなく運転しなければならないという人たちもいらっしゃるでしょう。気軽なモチベーションで海外旅行でクルマなし!というのならいいですが、 突然、海外の道路にサラされてパニックになってしまわないように用心してください。

日本は踏切をクルマとかバイクで通過する際、一時停止しなければならないと合宿免許ではしっかり学んだのではないでしょうか。しかし、そのようなものは、ヨーロッパでは義務でないこともあります。一時停止することで起こる衝突のリスクを警戒してのことのようですね。