合宿免許の教官の態度が横柄なのはなぜ

合宿での運転免許取得って、なんであんな教官が怖いのでしょうか。あんな教官の対応が怖いと、その合宿免許へみなさん行くのをやめてしまうかもしれないですよね。まさに、合宿免許の教官の対応が怖いというのは、当たり前の認識と言っていいのではないでしょうか。

合宿免許へ行くとき、一番注意しなければならないポイントです。

自動車教習所の教官の態度が横柄なのはなぜ

そもそも、合宿免許へ行って、なんであんなにも態度がおうへいな教官ばかりいると思いますか?

学校の先生だって、合宿免許の教官の対応と比較したら、全然優しいと思うのではないでしょうか。

それは、ぶっちゃけ、合宿での運転免許取得の生徒って、エステサロンのお客様ではないからです。エステサロンのスタッフが、鬼コワなら、問題は問題。ただし、そのエステサロンへはお客様が来ないだけです。

比較して、通学での運転免許取得、合宿での運転免許取得では、生徒は、お客様ではありませんし、怖い態度をとっても、生徒たちがそれを理由にして来なくなるという心配をしていないからということができます。

合宿での運転免許取得の教官の対応が怖いデメリット

そもそも、運転なんて、みなさんはじめてに決まっている訳ですし、みなさん緊張を一杯しているでしょう。そんな生徒に対して、教官は優しく接してあげるというのが、人間のいいコミュニケーションのあり方ではないでしょうか。

しかし、合宿免許の教官はそのようなことはなく、そんな緊張している生徒に対して、怖い態度でトドメをさしているのです。

こんなことってやっぱりあり得ない……と思いますよね。

合宿免許の教官が怖いメリットって何も存在していないと思いますが。

合宿免許の教官の対応におそれおののいて、ついつい合宿免許は、サービス業なのだからもう少しお客様を丁寧に扱えよと言いたくなります。

残念ながらそのとき、合宿での運転免許取得の教官は、自動車教習所はサービス業ではなく、学校だと主張するでしょう。

そんなことはわかっていることですが、それでも、合宿での運転免許取得の教官の態度って悪すぎだと思いませんか?

学校の先生だって、そのような態度の先生っていないですし。まるで、嫌なことがあって、腹いせに生徒に厳しくあたっているみたいではありませんか。

しかし、おおかたの意見は、凶器にもなり得るクルマの運転を習得させる以上、教官の態度が厳しくなるのはやむを得ないということです。