合宿免許に持っていくもの

合宿免許で運転免許取得。そのとき、何を持っていけばいいか不安だという人たちの声があります。

通学での運転免許取得なら、忘れたら取りに帰るという選択肢がありますが、合宿免許で運転免許取得だから、そんなことが許されるはずはありませんよね。

ですから、合宿免許で運転免許取得という方々は、必然的により慎重にもならなければならないでしょう。

さて、合宿免許へ行く時、何を持っていかなければならないのでしょうか。しっかり、必須アイテムをピックアップしてみましょう。

必需品

合宿免許へは、このようなアイテムを忘れないようにしましょう。

まず、いろいろなアイテムを入れるためのバッグ。合宿免許は、スピーディーに運転免許取得することができるというものの、2週間程度は、その場所に滞在しなければならないのです。

あなたは、2週間という期間、家を離れたことはあるでしょうか。そうとう荷物も多くなってしまうのでは……、そういうことを不安に思っている人たちもいます。

大きなバッグを購入してもいいですが、合宿免許の運転免許取得では、相部屋の場合もありますので、そのようなとき、バッグが場所をとって邪魔ということがありますので、ちょっと注意した方がいいかもしれないですよね。

住民票と印鑑

合宿免許へ行くとき、絶対に持っていかなければならない必須アイテムは、住民票です。住民票は、基本は3ヶ月以内に発行されたものです。

そして、印鑑、シヤチハタではNGなので注意しましょう。

合宿先では何が起こるかわかりません。ですから、健康保険証も必須アイテムと言っていいでしょう。

学校の授業と同じような学科の教習や試験がありますので、筆記用具も必須アイテムと言っていいでしょう。

眼鏡やコンタクトをしている人は必ずそれを持って合宿免許へいかなければならないです。

服装/靴など

そして、合宿免許へはしっかり服装/靴といったものも持っていかなければならないでしょう。合宿免許へ何日分の服装が必要か……、いろいろ合宿免許に対して追求すれば、わからないことだらけです。しかし、とても大事にことですよね。

合宿免許へ何日分の服装が必要か……、服は4~5日分を目安に持っていくといいでしょう。

その程度用意していれば、洗濯しながら十分着回すことができます。

歯ブラシや歯磨き粉、タオル、ヘアブラシ、ドライヤーと言ったものも基本は合宿免許では持参する必要があります。

更に、傘、充電器、タオル、バスタオル、シャンプー、リンス、ハンカチ、爪切り、医薬品なども忘れないようにしましょう。